キューティブロンドに憧れて... in New York

アメリカ生活、趣味のミュージカル観賞の記録を綴ります。

アメリカで銀行口座を開ける前に、日本でSMBC信託銀行(プレスティア)の口座を持っておく

渡米前にドルを持っておくと非常に便利です。私はSMBC信託銀行|PRESTIAで口座を開けました。

Citibankの日本個人顧客部門をSMTBが買収したとニュースになっていたので、気になっていました。それでも日本にいながら、円高の時期に、円からドルに替えることができたので、とても便利でした。

プレスティアのメリット

  • 為替手数料が1円。空港などの両替所より手数料はかーなーりー良いです。
  • アメリカ内のATMでドルを引き出せる。しかもキャッシングじゃない。

デメリット

  • 口座維持手数料が毎月2000円ほどかかります。
  • サービスが外資系っぽい。笑 24時間コールセンターにつながるのは便利ですが、私はここの電話対応が苦手です。

ネットでも支店でも口座開設はできますが、支店で直接説明を聞いた方が、確かだと思います。通常の銀行口座とは少し勝手が違うので、疑問をぶつけておいたほうが良いです。自由が丘営業所の方にお世話になりましたが、大変親切でした。 

口座の種類

まず通常口座を開設するとなると下記2つの口座を開くことになります。

  • 普通円貨口座
  • プレスティアマルチマネー口座

そして、追加で、普通ドル口座を開けておきましょう。この口座が開設されると、アメリカ国内ATMでドルを引き出せるキャッシュカードが手に入ります。

両替の流れ

  1. 普通円貨口座に、円を入金
  2. 普通円貨口座からプレスティアマルチマネー口座に、円を振替
  3. プレスティアマルチマネー口座内で、円からドルに両替
  4. プレスティアマルチマネー口座から普通ドル口座に、ドルを振替

私の認識では、プレスティアマルチマネー口座内のみで両替が可能です。為替レートは1時間おきに更新されたり、3時間経ってから更新されたりと、ランダムのように感じます。出国の2ヶ月前くらいから為替のニュースをチェックして、円高のときに両替しておくと便利だと思います!

また、海外在住者の場合、追加でW-8などアメリカの税関係の書類を提出する必要があるようです。支店で確認するのをおすすめします。

他にも、ワンタイムパスワードカードを渡航前に手に入れておきましょう。これがないと、他行へ送金する際に、毎回書面で振込先の情報を記入し、郵送することになります。ちなみに、送金の手数料は何千円かかかり、かなり高額ですのでご注意を。