読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キューティブロンドに憧れて... in New York

アメリカ生活の便利情報、趣味のミュージカル・映画観賞の記録を綴ります。

スーパーボウルはアメリカの祝日のようである

タイトルの通り、本当に祝日のような盛り上がりです。残念ながら毎年2月上旬の日曜日に行われるため、普通の会社員にとってはスーパーボウルの翌日は、とても辛い月曜日になるそうです。私は今まで全くアメリカンフットボールを見たことがなく、はてなさんのご説明にお世話になりました。陣地を使った球技なのですね…。

アメリカンフットボールとは - はてなキーワード

こちらのサイトでも、写真付きで詳しくご説明されています。

試合の流れ(ルール) | アメフトガイド | オービックシーガルズ

日本にいた際も、帰国子女の友人が「今年のSuper BowlのBruno MarsのPerformanceがFabrulousだったわ!」なんて、 フェイスブックに投稿しているのを見かけていましたが、どれほど盛り上がっているのかは知らずにおりました。

本日、スーパーボウル前の金曜日に出社したところ、ウキウキ感を隠しきれない社員がたくさんおりました。もともと毎週金曜日はカジュアルフライデーとして、Tシャツやジーンズ着用を許されている職場です。その中でも、青い 半袖のトップスを着た男性社員がかなり多い…やっと気がついたのは、どう見てもスポーツのユニフォームとしか思えない服装をしている方がいたことでした。どうやら、今回のスーパーボウルに出場するPartiotsのユニフォームのようでした。いや、みんなコートの下にユニフォームを着て、通勤して着たのかと思うと微笑ましいです。笑

他にも、料理番組系のケーブルテレビを見ていると、Super Bowl Sundayに出すこだわりのサンドイッチレシピの紹介をしていたりしました。アメフトのボールの形や、スタジアム型にスナックを盛り付けたりしていて、可愛らしかったです。家族や友人とテレビの前に集まって、食事をしながら賑やかに過ごすのでしょうね〜。

アメリカに来てから、10月はハロウィン、11月はサンクスギビング、12月はクリスマス、1月はニューイヤー(これが一番おとなしいかも)、2月はスーパーボウルとバレンタイン、と行事が目白押しで楽しいです。アメリカの祝日は日本に比べて、とても少ないのですが、祝日に限らず楽しいイベントがたくさんあり、会社でほとんどの時間を過ごしてもそれらを感じることができるのが良いです。

このブログの情報は全て個人の見解です。