キューティブロンドに憧れて... in New York

アメリカ生活の便利情報、趣味のミュージカル・映画観賞の記録を綴ります。

チケット代金はあなたにお任せ、メトロポリタン美術館

私は小学生の頃、休み時間は外で遊ぶよりも、図書室でお絵描きしているのが好きな子でした。もちろんドッジボール等には参加していましたが、運動神経がないので活躍できず。笑 いやー今でもスポーツ万能な方がうらやましいですねー。

昔の好き嫌いって、ずっと頭の中に残っているようで、ときどき美術館に行きたくなります。そこで行ってきました、メトロポリタン美術館へ!

入場料は自由設定

実は入場料は、寄付制(Donation)です。日本では聞き慣れないのですが、入場者が支払いたい金額をチケット購入時にカウンターで伝えればOKです。

オフィシャルサイトには大人$25.00と書いてあるので、すこし気まずいのですが、私は$10.00で入場させて頂きました。チケットカウンターの方は何も気にせずそのまま手続きをしてくれました。

日本語でも大丈夫

入り口カウンターや館内スタッフには日本人の方がいらっしゃいます。今までに訪問した際も、必ずお見かけしたので常駐されていると思います。

また、ボランティアの方が行ってくださる無料1時間ツアーにも、日本語ツアーがあります!10:15〜16:00の間に行われておりますので、詳しい時間は現地でご確認ください。

一度参加しましたが、最高でした!有名どころから、日本人アーティストに特化した作品を案内してもらえましたよ。あと個人的には、海外旅行中に、日本人にお会いできるとホッとできると思うので、お勧めです。笑

 

さて、今回は、好きなセクションをのんびり回りました。昔、高校生の頃に来た時は館内で迷っていましたが、今回は地図を見ながら効率よく回れました。すこしは賢くなったのかな…。

(なお、下記の私の感想文は、館内で説明を読んでいないので、憶測です。)

1F American Wing

Period Roomsと呼ばれるセクションでは、とても華やかなヨーロピアン調のお部屋が見られます。宝塚好きの私は、ベルサイユ宮殿など華やかなシャンデリア♡天蓋付きベッド♡豪華すぎる壁紙♡埋もれそうなほど厚い絨毯♡が大好きなので、ここは天国です。

2F European Painting

ここでは教科書で見たことのあるルノアール、ゴッホなどなど何でもあります。私は、新印象派のジョージ・スラーやポール・シニャックが好きです。優しい色使いで、自然の光が差し込んだ風景を描いていて、見ていると心が穏やかになります。 

この他の展示も見て3時間ほど過ごしました。今度はMOMAに行きたいですね。