読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キューティブロンドに憧れて... in New York

アメリカ生活の便利情報、趣味のミュージカル・映画観賞の記録を綴ります。

キューティブロンド

ブログのタイトルにもなっている、キューティブロンド。この作品に、中学生の時に出会い、私のお気に入りの作品になりました。

アメリカに1年間滞在し、アメリカの文化に憧れ、更に女の子らしいピンクが好きだった私。当時お小遣いを貯めて、HMV(懐かしい)で、3枚で3000円のDVDセットを買うのが、私の楽しみでした。そこで見つけたのがこの作品。アメリカの大学生活を描いていて、それだけでも憧れの世界。また更に、大学のクラブの中でトップの女の子エルが、自分で人生を変えていくお話。憧れのまた憧れでした。

ピンクが好きで、少し周りから浮いてるよーな中学生だった私。高校受験の準備は進めるものの、特別に行きたい高校もなかった。両親は、スパルタ的な意味ではなく、学力の大切さを、伝えていてくれたので、頭の良い子になりたかった。そんなプライドは高いのに、勉強嫌いで成績も良くない冴えない中学生活に、道しるべをくれたのがこの作品です。

主人公のエルは、彼氏に振られたのがきっかけで、ハーバードのロースクールを目指す、大学の社交界の華の女の子。ブロンドの偏見も、明るくはね飛ばす、ポジティブな性格。ディズニーのプリンセス的な、周りのために尽くして、いつの間にかサポーターを増やしてしまう性格に憧れていました。そしてハーバードで、課題や授業で切磋琢磨する様子は、私も勉強頑張ろうという気持ちにさせてくれました。

多感な思春期に、大きな影響を与えてくれたキューティブロンド。主人公エルに憧れ続けている思いを込めて、ブログのタイトルを決めました。この記事を書きながら、最近は会社で空き時間にさぼりがちだなーと思ったので、初心を忘れないようにしようと思いました。

このブログの情報は全て個人の見解です。