読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キューティブロンドに憧れて... in New York

アメリカ生活の便利情報、趣味のミュージカル・映画観賞の記録を綴ります。

マンハッタン中のレストランが、我が家のテーブルに!出前注文アプリSEAMLESS

アメリカの映画やドラマを見ていると、中華のデリバリーの白い紙パックを抱えながら、自宅やオフィスで食べているシーンがよく出てきますよね。しかも皆様、お箸の使い方がお上手だったりしてびっくります。そんなマンハッタンのデリバリー事情をお伝えします。

出前用メニューを見ながら電話で注文?

昔、私がニューヨークに住んでいた頃は、週末には家族でピザや中華のデリバリーを頼むことがありました。母の手の込んだ家庭料理も好きでしたが、ジャンクフードも好きでしたので、楽しみにしていました。しかし、注文をする際には早口の中国人の電話対応係とバトルをしたり、注文がいつ頃届くのかわからずお腹をすかせて窓から道を眺めたり、料理の金額とチップ分の現金を事前に準備して置いたり…と、割とストレスフルでした。

SEAMLESSアプリで注文、クレジットカード決済で楽々に!

今まで感じていた不便さを、全て解消してくれるサービスがあります。その名もSeamlessです!シームレスとは、日本語で「縫い目のない」という意味です。 シームレスなら、マンハッタン中の30,000店以上のレストランから、食べたいメニューをホームページかアプリで選択し、クレジットカード決済で注文ができます。なんと、チップも設定可能です。場所にもよりますが、 NYC内は平均30-40分で、運んできてくれます。

始めに名前、電話番号、住所、クレジットカード情報を登録するだけで、すぐに使用可能です。さらに私が使い始めた時は、初回注文12ドルOFFのクーポンがついていました。登録したら、レビューを読みながら、食べたいものを注文してみましょう!レビューの読み方のコツは、レビュー数が多い>その中でも評価が高い>食べたいものがある、と絞っていくと、平均点以上のレストランを見つけられると思います。

ジャンルは中華、ピザ、イタリアン、ベトナム、タイ、ハンバーガー、寿司…

ご飯のカテゴリーは無限です。ミッドタウンでは、ミシュラン星付きチャイニーズレストランも含まれていました。とても美味しかったです。デリバリー可能な範囲のみが表示されてしまいますが、ピックアップ注文も可能です!退社する前に、自宅周辺のレストランで持ち帰り用商品をシームレスで注文し、出来立てをピックアップできるのはとても便利でした。

便利な使い方

  • デリバリー住所は、自宅とオフィスを設定:アメリカのオフィスでデリバリーを頼むことは珍しくありません。同僚と一緒にグルメなランチを楽しんじゃいましょう。注意点は、自宅に頼みたかったはずなのに、オフィスに届くように注文してしまわないようにしましょう…一度私は間違えてしまい、雪の降る深夜にデリバリーのおじさまに平謝りしたことがあります。
  • お気に入りレストランを保存:よく頼むレストランは Favorite listに登録しましょう。何度も探す手間がなくなるので、便利です。まんまと、ついお馴染みのところから、頼んでしまいます。

トラブルは?

私は半年ほど、最低週1回は使用していまして、トラブルはありませんでした。レビューを読むと、間違った注文があったり、デリバリーが目安時間より大幅に遅れた、などあるようです。アメリカ人は、ベジタリアンの方や宗教上の理由で、細かい追加注文をする方が多いので、間違いはあるかもしれません。ですが、電話で注文していた時代と比べると、メニューをクリックして注文して、自分の注文内容をすぐメールで確認できるので、お店側に非があった際にはすぐに伝えることができる、消費者よりのサービスになっています。

万が一、トラブルがあった際には、レストランに直接電話して確認しましょう。私は、上記の通り、デリバリー先を間違えて注文してしまった際に電話しましたが、すぐに対応してもらえました。

出前注文アプリ、一人暮らしアラサー女性の味方です

日本でも出前館 on LINEや、UBER EATSなど、デリバリーサービスは多様化しているようですね。実はSEAMLESSは、GrubHubという会社を買収して、成長しています。クレジットカードの決済は、グラブハブから引き落とされています。日本に上陸する日も近いのでしょうか。多忙な働き盛りの若者の一人暮らしや、毎日炊事に追われる主婦の方、友人とのパーティなど、様々なニーズに応えているのではないかと思います。私自身、仕事終わりにすぐ家に帰りたいけど、自炊するのも面倒な日などに、とても助かっています。今後もますます出前注文アプリ業界が盛り上がっていくのを期待しています!

このブログの情報は全て個人の見解です。