キューティブロンドに憧れて... in New York

アメリカ生活、趣味のミュージカル観賞の記録を綴ります。

爆笑必須な『ブック・オブ・モルモン』

ブロードウェイミュージカル『The Book of Mormon』は、私が今まで見たミュージカルの中で、一番エンターテイメント性が高い作品だったと思います。演者のレベルが高く、セットの転換、音楽のキャッチーさが全て卓越しています。そして何より、一番爆笑した作品だと思います。しかも、お下品すぎてタブーだらけすぎて笑うという、あまり経験したことのない笑いでした!それがこの記事のタイトルにつながっています。どなたの観劇のご参考になれば。ネタバレがございます。
f:id:yuchang-diary:20170812070028j:image

ストーリー

モルモン教の伝道師になるべく、修行に励む優等生で完璧主義のプライスと、劣等生だけどすごく自信があるカニングハム。布教活動はペアで行われ、プライスとカニングハムはウガンダに派遣される。ウガンダは、想像以上に秩序が乱れ、過酷な環境で布教どころではないところだったが…

予習ポイント

私は日本に居た頃から、舞台の観劇前に予習をする派です。今回もすでに見たことがある友人に話を聞いたりして、予習したらぐんと理解度が高まりました。

サウンドトラックを聞く

Spotifyにアルバムがあるので、観劇前の一週間前からスマホや自宅で聞いてました。ミュージカル=ほとんど台詞も歌っているので、一度聞くだけでわかりやすかったです。更に、この曲に振り付けや演技がつくと、こんな風に表現されるんだ!と観劇の際に、確認作業するのが好きです。

モルモン教の基本を知る:モルモン教の宣伝をする気は無いので、ミュージカルで出てくるネタだけをピックアップしますね。
  • コーヒーは禁止:優等生パーフェクトライフを送ってきたプライスが、ウガンダで心が折れた時に、バーで呑んだくれるのですが、その時手にしているのはコーヒーです。やさぐれて、気持ち悪くなっている雰囲気を出しているので、お酒を飲んでいるように見えます。ウガンダはコーヒーの生産地なのでそれもネタ。
  • 同性愛は禁止:ウガンダで既に活動している宣教師の方の中でね…いらっしゃるからね…。
  • 宣教師は単独行動は禁止:ウガンダでプライスとカニングハムが仲違いしてしまった時に、まるで法令を読み上げるかのように単独行動が禁止されていることを読み上げるシーンがあります。
  • 男性宣教師は「エルダー+苗字」で呼び合う:主人公たちは、エルダープライス、エルダーカニングハムと呼ばれています。Mr.のような感覚だと勝手に解釈しています。
その他アメリカの基礎知識:ちょこちょこネタで出てきます。
  • オーランド:アメリカのフロリダ州で、ディズニーワールドとシーワールドがあり、子供にとって聖地。大人の私でも、浮き足立つ夢の国です。
  • ソルトレークシティ:ユタ州の都市で、モルモン教の拠点があります。
  • 悪夢のシーンで出てくる4人の罪びと:ヒトラー(言わずもがな)、チンギスハーン(アジアっぽい服装)、ジェフリー・ダーマー(オレンジの囚人服)、ジョニー・コクラン(弁護士)割と2幕の最大の見せ場となっている、プライスの悪夢で出てきます。後者2人がわからなかったのですが、観客はどっかんどっかん笑っていたので、観劇後に彼らの罪を調べたら衝撃的でした。ググって見てください。

と、感想を書かずとも、この作品は大人向けということが伝わるかと思います。そして一緒に観に行く方は、はるばるNYに遊びに来てくれた60代のご両親や、まだ知り合ってぎこちない恋人候補の方などは、絶対にやめたほうがいいです。気まずくなること間違いありません。

高度な英語の理解能力と、下ネタへ寛容な心を持つ、長年の付き合いのある親しい方と見ることをオススメします。珍しく太字を使いましたが、同伴者があなたの観劇体験に影響すると言っても過言ではないほど、この作品では重要です。笑

とはいえ、2011年からロングランを続けていて、トニー賞も受賞している名作です。2016年12月の平日に観劇しましたが、オーケストラ席前方下手で1枚300ドルほどでした。チケットのお求めは、早め行うのがおすすめです。より多くの日本人の方にこの面白さを知っていただきたいと思います!

デルタ航空ミネアポリス乗り継ぎは、駆け足で挑むべし

デルタ航空のニューヨークーミネアポリスー羽田便(DL121)に搭乗しました。なぜDL121を選んだのか、またその際のミネアピリス空港でのトランジットの感想を記します。ちなみに私はスカイマイレージゴールド会員ですので、全てPriorityレーンで行動しました。
f:id:yuchang-diary:20170812070336j:image

↑ミネアポリス空港のスヌーピー

デルタ羽田便を選んだ理由

値段はANA/JALと変わらず$1200程度で、わざわざアメリカ系の航空会社の乗り継ぎを含むDelta 121便を選んだのか。今回の選んだ基準は、あくまでもニューヨーク出発者の目線で、羽田空港14:10着のおかげで到着日も、帰国日もめいっぱい遊べるためです。

ニューヨークから一時帰国にぴったり

私はANAでマイルを貯めているため、よくNH010便に搭乗していましたが、これだとNY11:00AM発、成田翌日3:00PM着で、入国手続きや荷物のピックアップを済ませて、空港を出るのは4:30PMごろになっていたりするのですよね。さらに成田から都内まで1時間半ほどかかり、どっぷり疲れてその日は行動できないことが多いです。

ANAもNY-羽田便NH009ができましたが、これの時間が微妙。NY4:55PM発、羽田翌日9:10PM着!時間に余裕がある一時帰国なら、ANAの丁寧なサービスを受けつつ、さらにあの耳馴染みのある葉加瀬太郎さんの「Another Sky」の音楽も聴けて良いのでこちらを選びます。

さらに、DL121便の良いところは、羽田発の便が4:25PMという点。出発日も都内でたっぷり遊べました。ただ、NY翌日5:40PM着ですので、逆に旅行者には ニューヨーク到着日に遊ぶ時間が少なくて、もったいないかもしれませんね。

巨大ハブ空港のミネアポリスで乗り継ぎは間に合うのか

乗り継ぎを含む便に乗るのが初めてでしたので、時間が足りるのかドキドキしていました。まずNY出発のスケジュールはだいたい下記の通りでした。

6:00AM ラガーディア空港発
8:00AM ミネアポリス空港着
(乗り継ぎ2時間30分確保)
10:30AM ミネアポリス空港発
翌日2:10PM 羽田空港着

そして羽田-NY便のスケジュールはこちら。

4:25PM 羽田空港発
12:45 PM ミネアポリス着
(乗り継ぎ1時間15分確保)
2:00PM ミネアポリス発
5:30PM ニューヨーク着

余談ですが、ニューヨーク州とミネソタ州では1時間の時差があります。MN時間はNY時間マイナス1時間、上記は各現地時間です。

結論としては、往路復路共に間に合いました!実はアメリカから海外への乗り継ぎ便に乗る際は、手続きは拍子抜けするほど簡単なのですね。NYラガーディア空港で特別な搭乗手続きもなく、ミネアポリスでも何も手続きはなく、ぽかーんとラウンジで2時間半過ごしました。

空港は広いですが、直線上の移動なので、迷うことはないかと思います。いたるところに空港の案内人の方がいらっしゃり、田舎ならではの温かいサービスで目的のターミナルまで案内してくれます。

羽田発ミネアポリス乗り継ぎは要注意

しかし、日本からアメリカへ向かい、乗り継ぎがある場合は手続きに時間がかかるので注意です。羽田からミネアポリスに着いたら、入国審査があります。

ミネアポリス空港は無人化のESTA専用機械は充実していますが、ビザホルダー向けの入国審査の窓口はかなりの人手不足でした。プライオリティで早めに向かったにも関わらず30分ほど待ったと思います。乗り継ぎは1時間ちょっとしかなかったので、ヒヤヒヤしながら待っていました…。

無事入国審査を終えたら、預け入れたスーツケースを受け取り、また手荷物検査が行われます。こちらも言わずもがな、かなり待ちます。正直デルタのプライオリティレーンに入らなかったら、遅れていた可能性があります。ご注意下さいませ。 

日本で一時帰国の免税手続き・その後

日本に一時帰国した際、銀座にて免税でお買い物をしてきました。その際感じた2点の感想をつらつらと記します。

銀座の免税専門店の店員さんは(ほぼみんな)日本人ではない。

これが一番面食らいました。免税するほどのお買い物ということは、庶民にとって割と高価な化粧品や酒類の購入になります。少なくとも私にとっては。高い値段の商品には、それを販売する際のサービス費用、つまり人件費が含まれていると思います。しかーし、免税の恩恵に預かるのは、ほぼ渡日している外国人ということで、日本人はあまり考えられていません。

外国人店員さんの皆様の研修はしっかりされているのですが、応用編の質問をするとあいまいなところも。期待していった三越の空港型市中免税店、 Japan Duty Free Ginzaでは、その結果トラブルもありました。

japandutyfree-ginza.jp

乗り継ぎがある際は、預けた荷物を乗継空港で受け取れるか確認しておくこと。

手荷物で持ち込める規定以上の液体物は、乗り継ぎ便がある際に途中の空港で、預け荷物を受け取れる場合のみ、販売してもらえます。私は初めて国際線で乗り継ぎを経験し、預けた荷物を引き取れるか調べていませんでした。
上記で記載したJapan Duty Free Ginzaの初めに入ったお店で、預け荷物が受け取れるか不明と告げたところ、規定以上の液体物を購入することができました。しかし、次に入ったお店では購入できませんでした。結果として、後者のお店の店員さんが、前者のお店での手続きのミスに気がつき、返金手続きをしてもらえました。ですがここで1時間ほど無駄な時間を過ごしてしまい、貴重な一時帰国のタイムロスとなったのが、無念でした。初めに販売拒否をしてもらえれば良かったのに、売り上げノルマなどが厳しいのでしょうかね。

接客について気にしないという方は、割り切って市中免税店もガンガン使うのをオススメします。市中免税店は空港の免税店のように、化粧品のお得セットなどがあります。

一方、丁寧なカウンセリングを求める場合は、デパートの通常の化粧品売り場で購入し、免税手続きをとるのをオススメします。デパートでは、普通に購入した後に、免税カウンターでレシートとパスポートを見せると、現金で手数料をひいた免税額をもらえます。平日の夕方に向かいましたが、特に混雑もしておらず、システマチックでした。

私は通常の店舗で購入して、免税手続きをとる方が、性に合っているように感じました。